太陽光発電

甚大な被害をもたらした東日本大震災における原子力発電所での事故以降、クリーンエネルギーとして「太陽光発電」に大きな期待が寄せられています。
近年は高性能な太陽光発電パネルが次々と開発され、企業から個人宅まで「自家発電」の導入が急速に進んでいます。

太陽光パネルは、地上へ直接設置でき、太陽光を十分に受けられパネル重量に耐えられる場所さえあれば、屋根や壁など様々な場所に設置することが可能で、弊社もお客様のご要望や設置条件等に合ったものを施行してまいりました。
太陽光パネルには次のようなメリットがあります。

  • 光熱費の節約や売電による収入
  • 自然災害時など非常時に停電が発生した場合に、蓄電機能を活かした電気供給
  • 地震で地面に設置されているものは耐久性が高く、簡単に壊れない

太陽光パネル設置場所例

産業用ソーラー発電所だけでなく、公共性の高い建物の屋根に設置したり、災害時を想定し避難場所になるような建物に自己発電を兼ねて搭載するなど「公民館」、「病院」、「外郭団体」が導入し始めています。
また、環境教育の教材として、地域にとっての環境・エネルギー教育の発信拠点として「学校」での導入も進んでおります。
その他、産業施設、商業施設、公共・文化施設、交通施設、実に様々な場所で太陽光パネルが設置されております。

  • 土地

    宅地・原野・山林・雑種地

  • 医療施設

    病院・老人ホーム
     

  • 産業・商業施設

    オフィス・工場
    ショッピングセンター

  • 公共文化施設

    学校・体育館・庁舎
     

  • 交通施設

    駅・空港
     

弊社では産業用(高圧・低圧)ソーラー発電所を中心としながら、ご自宅や倉庫の屋根の上の他、駐車場の空きスペース、遊歩道のライトのような小さなものまで幅広く対応しております。
また、駐車場の屋根の上に太陽光パネルを設置することで、直射日光による車の塗装劣化を防ぎながら発電を行う等、お客様にとって、よりメリットのあるスタイルでご提案させて頂きますのでお気軽にご相談ください。

太陽光パネル設置後は発電量や消費電力量を随時モニターご覧頂けますので、自然の力を利用した省エネライフを送ることができます。

太陽光パネル導入事例:

発電量 126KW
工期 平成29年9月~平成29年12月
工事内容 企画・設計・施工(造成工事、杭打ち工事、架台・パネル設置、電気工事、フェンス設置)
発電量 1,032KW
工期 平成29年7月~平成29年12月
工事内容 企画・設計・施工(造成工事、杭打ち工事、架台・パネル設置、電気工事、フェンス設置)
発電量 4,656KW
工期 平成28年1月~平成29年6月
工事内容 企画・造成工事・LED外灯設置工事
発電量 1,575KW
工期 平成28年9月~平成29年5月
工事内容 企画・設計・施工(造成工事、杭打ち工事、架台・パネル設置、電気工事、フェンス設置)
発電量 486KW
工期 平成26年8月~平成27年2月
工事内容 企画・設計・施工(造成工事、杭打ち工事、架台・パネル設置、電気工事、フェンス設置)
発電量 648KW
工期 平成26年8月~平成27年2月
工事内容 企画・設計・施工(造成工事、杭打ち工事、架台・パネル設置、電気工事、フェンス設置)
発電量 175KW
工期 平成26年8月~平成27年2月
工事内容 企画・設計・施工(造成工事、杭打ち工事、架台・パネル設置、電気工事、フェンス設置)
発電量 1,020KW
工期 平成26年3月~7月
工事内容 企画・設計・施工(造成工事、杭打ち工事、架台・パネル設置、フェンス設置)